イベント


2021.03.25更新

【募集終了】事務経験者歓迎!在宅ワークOKで高単価。IT導入補助金申請サポートのお仕事説明会(2021年4月15日開催)

【募集終了】事務経験者歓迎!在宅ワークOKで高単価。IT導入補助金申請サポートのお仕事説明会(2021年4月15日開催)

※こちらの説明会の申し込みは締め切りました。

現在、新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、政府がさまざまな補助金を出しており、申請する企業も増えています。
それにともない、申請をサポートするお仕事も増えてきています。

そこで今回募集するのは、IT導入補助金申請のサポートのお仕事です。
これから申請予定のお客様に、まずは補助金の概要を説明し、申請にあたって必要な入力作業をサポートしていただきます。
お客様によって時間の前後はありますが、合計平均3時間程度で完了するものが多く、サポート1件あたりで報酬(8000円)をお支払いする&担当した企業が採択された場合はボーナスとして+4,000円の支給があり、事務としてはこれまでにないほど高単価なお仕事です。

募集にあたって今回説明会を実施いたします!
ご興味ある方はぜひご参加ください。
録画視聴の方は申し込み時にその旨お伝えください。

<参考>IT導入補助金について

開催概要

日時

2021年4月15日(木)10:00〜11:30

場所

オンライン(zoom)
※お申し込みいただいた方にURLをお伝えさせていただきます。

参加費

無料

依頼主について

株式会社 東京経営サポーター
https://www.tokyo-kst.jp/
主な事業は、中小企業への経営コンサルティング(中小企業診断士)
補助金申請での採択実績は過去500件以上。
東京の会社なので、基本的にやりとりはリモートで行います。

お仕事内容について

業務内容

〇お客様との支援日程の調整
 メールもしくは電話にて行っていただきます
〇申請当日までに必要書類等の準備状況の確認
〇支援1回目
・公募要領の説明(20分程度)
・申請前半部分の支援(30分~1時間半)
 *基本的にはZOOMで行っていただくため、訪問は不要です
・労働生産性指標のExcel入力(5分程度)
 *Excelシートは予め準備してあります
〇支援2回目
 ・給与支給総額の入力支援(15分程度)

*支援1回目と2回目は基本的に別日となります。
*担当するお客様によって支援の負担が変動する場合があります。

必須スキル

こちらのお仕事については説明会に参加していることが前提となります。

  • ZOOMが利用できること
  • 事務作業の経験があること(経理・簿記・申請作業等)
  • Excelが入ったPCを所有していること

歓迎スキル

  • お客様とのコミュニケーションが問題なく取れる方
     (外部のお客様とのやりとりを伴う業務経験がある方歓迎)
  • 財務諸表を見ることに抵抗がない方(経理経験者・簿記資格取得者優遇)
  • 行政関連の文書を読むことが苦にならない方
  • PCでの作業が苦にならない方

報酬の目安

申請サポート:8,000円(税込)+成功報酬:4,000円(税込)
※成功報酬については採択結果発表後の支給となります。
※業務委託でママントレからのお仕事依頼となります。

勤務時間

案件ごとに異なります。
10:00~19:00でご要望に合わせて決定。短時間勤務もOKですが、納期の都合等で一定期間はまとまった勤務が求められる場合もございます。
(その辺りについては、実際にお仕事をされる際にご相談ください)

勤務場所

在宅

お申し込みはこちら!

    参加方法

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    連絡先電話番号 (必須)


    ※当日連絡のつく番号(携帯等)を入力してください。

    エリアマイスター会員ですか?

    はいいいえ

    年代

    20代30代40代50代以上

    現在働いていますか?

    はい(産休・育休中含む)いいえ

    ※現在働いている方は雇用形態を教えてください。
    正社員・契約社員派遣社員アルバイト・パート自営その他

    就業環境について

    ●PCでzoomを利用可能ですか?(ネット環境含め)

    ●PCにExcelは入っていますか?

    これまでの業務経験など簡単にお書きください

    備考

    質問したいことなどありましたらお書きください。

    在宅ワーカー達による働き方や役立つ情報をお届けするサイト「在宅わーくわく」

    お気軽にお問い合わせください。

    あなたのスキルを大切な人に届ける新しいワークスタイルをご提案「エリアマイスター」