ご利用ガイド(個人編)


エリアマイスターのサービスをご活用いただくにあたって必要なことを以下に記しています。
ぜひご一読ください!

スキルや経験・要望を登録して自分をアピールしましょう

エリアマイスターでは、求人募集の他、企業からの直接アプローチも。よって「わたしこんなことできます!」とあらかじめアピールしておくことがとても重要となります。
マイページより、自分のスキルや経験・要望を登録してしっかりとアピールしましょう!

  • プロフィール写真を入れた方が信用度が高くなります。(推奨サイズ150×150)
  • 「活動ステータス」によって検索される場合も多いです。ご自身の繁閑に合わせてこまめに更新しましょう。
  • 自身のアピールとなる、以下の項目はしっかりと記入しましょう。
  • ご登録いただいた情報については、エリアマイスターとして登録している会員のみ閲覧が可能。不特定多数の方に公開されるということはありません。
    また住所・電話番号など本人情報が特定できてしまうものについては、公開はせずご本人のみが閲覧可能となります。
    >>個人情報の取り扱いについて詳細はこちら
  • 登録サンプルはこちら

    募集案件を探してみましょう

    新着情報については、ご登録のメールアドレスに情報を配信しますが、それ以外にもご希望の地域や必要スキルなどで検索が可能です。
    また、気になる情報については「お気に入り」として登録することも可能です。
    (お気に入りに登録した情報については、右上の「お気に入り」をクリックすると一覧表示することができます)
    favorite

    お仕事検索はこちら

    募集案件に応募してみましょう

    案件の募集は一期一会。特に人気の案件は募集後すぐに決まってしまうことが多いです。
    まずはお問い合わせからでもOKなので、もし気になる案件があれば積極的に応募してみましょう。

    応募方法

    各案件の末尾にある入力フォームに必要事項を記載して、送信してください。

    request

    • マイページURLには、自分のマイページを開いた際のURLをコピーして貼り付けてください(この入力が無いと、応募先の担当者の方にスキルなどを知っていただくことができません)。
      >>マイページのURLの調べ方はこちら
    • 自己PR欄には、「なぜこの案件に応募したか」「具体的にどのような形で貢献できるか」など詳しく記してください。
    • 備考欄には、ご自身の都合やあらかじめ伝えておきたいことを記してください。

    →送信した内容は、募集企業の担当者に直接届きます。内容確認後、ご登録のメールアドレスに返信が届きます。
    ※メールについて、携帯メールなどでドメイン指定をしている場合、届かないケースがあります。
     

    案件募集に関する注意点

    • メールは、プロフィールにて登録したメールアドレスが自動で入ります。もし別のメールアドレス宛に送りたい場合にはプロフィールよりメールアドレスの変更をお願いいたします。
    • メールについて、携帯メールなどでドメイン指定をしている場合、届かないケースがあります。せっかく応募したのにやり取りができない!ということになりかねないのであらかじめPCのメールをご利用いただくか、携帯メールをご利用いただく場合はドメイン設定の解除をお願いいたします。
    • 2~3日たっても連絡が無い場合は大変お手数ですが、再度該当のフォームより必要事項を入力の上、送信してください。

    企業に直接アプローチしてみましょう

    エリアマイスターでは、企業からのアプローチを待つだけでなく、自分から企業に対して「こんなことできます!」とダイレクトメッセージにてアピールすることも可能です(※有料機能)。

    企業のマイページにある「プライベートメッセージ」をクリックし、メッセージを送信してください。

    message_02

    企業からのダイレクトアプローチ

    エリアマイスターでは、求人募集のほか、企業から直接メッセージでスカウトされるケースもございます。

    その場合、まず登録のメールアドレスに以下のようなメッセージが届きます。
    (ログイン後、右上にも『〇件』とメッセージ件数が表示されますので、こちらをクリックいただいてもOKです)
    message_receive01

    マイページの「メッセージ」をクリックすると、メッセージへの返信をすることができます。
    message_recelve03

    お仕事を始める前に

    お仕事をしていただくにあたっての注意点

    納期や時間はきちんと守りましょう

    子どもがいると、急な発熱などどうしても予測不可能なことはたくさんあります。ただドタキャンは相手にものすごく迷惑をかけるうえ、信用も失います。
    そしてそこから「やはりママは使えない」と思われてしまっては、あなた自身の問題だけではなく、エリアマイスターとして活躍する皆さんにも迷惑をかけることとなります。
    だからこそ、納期や時間はきちんと守りましょう。
    どうしても、という場合はなるべく依頼主の方に相談するようにしましょう。

    お仕事にて知りえた情報については、絶対に口外しないでください。

    楽しかったことや驚いたことって、すぐに人に喋りたくなりますよね。
    ただそれは実はお店や企業にとっての重要機密情報であることも・・・。
    どんなことであれ、業務内で知り得た情報はくれぐれも口外しないよう。情報の取り扱いについては十分注意してください。

    SNSやWebを活用しましょう

    エリアマイスターでの情報発信はWebやSNSが中心となりますし、お仕事するにあたってもはじめはメールでのやり取りが必須となります。

    「PCが苦手で・・」という方も、ぜひ苦手意識を捨て、積極的にSNSやWebの活用にチャレンジしてください。

    ※どうしても苦手・・・という方に対しては、ママントレにて「IT個別指導(30分2500円)」のサービスを行っております。そちらをご利用ください。

    知っておきたい!雇用形態ごとのメリット・デメリット

    雇用される働き方(社員、パート・アルバイト)

    勤務する会社と「労使契約」を結ぶ働き方。
    雇用保険や社会保険などが適用されるなど保証があるという大きなメリットはありますが、会社によって働き方が限定される場合も多いです。

    正社員・契約社員

    実際に勤務する会社との直接契約で、社会保険は完備されており、賞与や交通費が支給される場合がほとんど。
    お給料の支払いも月給制がほとんど。
    安定的に仕事をしたい/キャリアを積みたい方にオススメの働き方ではありますが、仕事内容、勤務地、勤務時間、人事異動など会社の命令には従わなければならず必ずしも希望の職種につけるとは限りません。
    正社員は長期雇用を前提としているため、本人が退職する/会社の倒産等ない限り雇用契約が続くのに対し、契約社員は契約期間は原則として3年でそれを超える契約はできません。

    派遣社員

    人材派遣会社と雇用契約を結び、実際に勤務する会社とは派遣契約を結んで勤務する雇用形態。賃金等の支払いは人材派遣会社で、業務に関する指揮・命令を行うのが実際に勤務する会社となります。福利厚生は人材派遣会社のものを利用する形になります。
    仕事内容や労働時間など希望に合わせて選ぶことはでき、パート・アルバイトに比べて専門性も高い分時給も高いですが、派遣期間が満了するとまた仕事を探さなければならない、専門性がないと時給が低くなる&職が探しにくいというデメリットも。
    また派遣社員の場合、交通費が支給されないことも多いです。
    ※エリアマイスターでは、職業紹介および斡旋は行っていないため派遣社員の働き方はありません。労働した時間に対して報酬が支払われる時給制がほとんど。

    パート・アルバイト

    短期間もしくは短時間で、臨時的もしくは補助的に雇用される形態。労働した時間に対して報酬が支払われる時給制がほとんど。
    原則的に社会保険や交通費支給はありますが、勤務日数によっては適用されない場合も。賞与は基本的にありません。
    働く日や時間が選べる、キャリアをあまり問われないなどのメリットはありますが、社員・派遣社員と比べて時給も低く、任せられる仕事も限定されるため、キャリア形成は望めないケースも多いです。

    雇用されない働き方(業務委託・請負)

    会社と労使契約は結ばず、業務単位で契約を結ぶ働き方です。
    企業に雇われるわけではないため、企業と対等の立場で業務の依頼を受けることができます。
    ただし雇用されないため、社会保険や雇用保険は適用外となります。

    業務委託・請負

    業務単位で仕事を請け負うため、自分の得意分野を専門として仕事を行うことができます。
    最終目標が「業務を完遂させること」のため、仕事の内容によっては在宅ワークでOKであったり勤務地が問われない、勤務時間も業務の遂行状況に合わせて自由に設定することが可能です。
    一方で、独立した事業主ということ契約書の発行や報酬の確定申告などすべて自分で行う必要があり、それらの知識をつけることも必要になります。
    また雇用では「任された仕事だけ」を遂行すればよいのに対し、事務手続きなどの作業もすべて自分で行わなければならず、その分の時間もかかります。

    契約のかわし方

    実際働いてみて「最初に言っていたことと違う!」というのはよくあるケース。

    だからこそ初めに必ず書面で契約を交わすようにしましょう。
    雇用の場合は、労働期間や就業時間、賃金などを記した『雇用契約書』となりますが、業務委託契約の場合は『業務委託契約書』を会社側もしくは自身から発行する、もしくは簡易的な案件であれば『注文書(発注書)』を会社側に発行してもらうようにしましょう。

    業務委託契約書に記載/チェックすべきこと

    • 委託する業務の内容
    • 報酬および支払いについて
    • 契約期間について
    • 納品方法
    • 業務委託契約期間の途中での契約解消について(途中までの作業分の報酬保証)
    • 契約の解除
    • 反社会的勢力との取引排除
    • 機密保持義務
    • (制作物の場合)著作権、知的所有権について

お気軽にお問い合わせください。

あなたのスキルを大切な人に届ける新しいワークスタイルをご提案「エリアマイスター」