ブログ


キャリアコンサルティング

専門家ブログ

2018.05.22

変化・前進をはばむ曲者「思い込み」

変化・前進をはばむ曲者「思い込み」

こんにちは キャリアコンサルタント幟建(のぼりたて)由佳です。

気持ちの良い天気が続きますね。梅雨入り前の貴重な清々しい毎日。
有意義に過ごしたいものです。

さて、2018年が始まり約半分が終わりました(早い!!)。
私は年頭、今年から10年間。突っ走ってみるということを決めました。
突っ走る=目の前のことに一生懸命取り組む、果敢にチャレンジする、課題を解決していく、です。
10年間で色んな事が起きると思いますが、とにかく前に進んでいこうと思っています!

思いこみ、ありませんか?

さて、今日のテーマは、「思い込み」です。
変化や進化しようと考えた時に、やる気や勢いを減速させてしまう曲者です。

なぜか?

例えば、会社を退職した後、専業主婦で生活してきた。
そろそろ仕事がしたいなと考えている。けど、なかなか一歩踏み出せない。
やることもいっぱいあるし、仕事をする時間がないなぁと。

朝、起きて夕方までの時間の使い方・考え方はどのようなものか?
・午前中に洗濯を済ませてしまわないといけない
・子供が帰ってくる時間までに晩御飯の準備をしておかなければならない
・子供が帰ってきた時に家にいないといけない

仕事を始める上でどんなことを考えるか?
・子供が急な熱を出した時に休みにくい
・時間的にフルタイムは無理

確かに、主婦は忙しい。日中にはめいっぱいすることがあるし、時間に融通が利く都合の良い働き口もなかなか見つけにくい。
何かを手放さないと仕事はできない、そうなります。

自分に問いかける

このまま考えでいくと、仕事がしたいけどできない…という悶々とした時期が長く続きます。
ここで大事なのが「それは思いこみなのではないか?」という自分への問いかけです。

そうであるに違いない
そうしないといけない
そんな事はあり得ないだろう
私の経験上、それは考えにくい など
それを決めてしまっているのは、自分であることが多いのです。

今ある状態から変化させるには、まずは自分の中の「常識」を疑いましょう。
本当にそうなのかな?そうしないといけないのかな?そうと決まってしまっているのかな?と。この自問が入るだけで、物事は半歩進みます。

まず、自分の「ねばならない」「きっとそうに違いない」について、
なぜ?を考えてみましょう。
例えば、朝、洗濯しないといけない→なぜそう思う?→太陽の光が出ている間に、干して乾かしたいから。ずっとそうしてきたから→本当に太陽の光に当てないといけないの?→なんとなくそう思うし、そうあるべきだと思う→本当にそうなのかな?→夜、部屋干しをするのは嫌。太陽の光で殺菌もしてくれる。夜にやるのはあり得ないな。→やっぱり洗濯は朝、やるべき。

なかなか「習慣」を手放せませんね。

「そうするべきだ」という考えが変わっていない。
そう思いこんでいるので、簡単には手放せないものです。
早々、簡単に変わることができたら、苦労しませんよね。
(私も然り(笑))

 

思い込みをほどくには

そこで思い込みを解く為に有効なことは、自分以外の視点を増やすことです。
新聞・本・テレビなど情報を得るチャンネルを増やすことです。
例えば、1番組だけしか映らないテレビは情報に偏りがあります。
また、情報や選択肢が少ないという状況にいると「そうに違いない」と‘思い込み’が定着しやすくなります。
それが2,3,4,5番組と増えて行けばいくほど、情報や選択肢が増えていきます。
自分が知っていること・刺激になることが増えていきます。そうすると選択肢や発想にも影響が出てきます。一つの視点からしか見ていなかった出来事を色々な視点から見て選択して判断できるからです。
こっちではこう言ってたけど、こっちではこう言っている。どっちなのか?他にもあるんじゃないか?自分はどうか?を考えるようになります。
情報が限定されていると、それ以外の視点がないので考えが広がりにくく、その情報を信じやすくなります。
なので、情報を得るチャンネルを、増やすことはとても大事です。
情報チャンネルの中で特におすすめなのが人と会うこと。
そして、できるだけ「いつもと同じ価値観の人ではない人」と出会うこと。
同じ価値観の人・いつもと同じ場所はとても安心します。気も楽です。
でも、今のままでは前に進めないなという時は、‘いつもと同じ’ところにいては
進みづらいです。
できるだけ、いつもと違うものやこれまでやったことがないことを探して積極的に出会いに行ってください。

10人いたら10通り以上の情報・知恵があふれています。
何通りもの情報や知恵を自分自身に取り入れてみてはいかがでしょうか?

暑くなる前の良い季節です。
色んな所に色んな人に会いに出かけてみてください。

この記事を書いたエリアマイスター

幟建由佳

幟建由佳

キャリアコンサルタント

大学卒業後、人材派遣会社にて営業職を経て情報サービス会社にて代理店渉外担当業務を経験。 出産後は働き方を変え、子育て、家事の両立を図りながら企業、大学キャリアセンターにてキャリアコンサルタントとして従事。 学生から60代と幅広い年齢層を対象とした対面によるキャリアコンサルティングならびにキャリア支援セミナーを行う。 また、研修会社にて親子/子供向け「サイエンス&ロジカル講座」の講座企画運営業務にも携わる。
国家資格キャリアコンサルタント、2級キャリアコンサルタント技能士、産業カウンセラー資格保持。
人生はより良くなるそして可能性は広がるをモットーに、あなたの自信のある一歩に向けてお手伝いします。

在宅ワーカー達による働き方や役立つ情報をお届けするサイト「在宅わーくわく」

お気軽にお問い合わせください。

あなたのスキルを大切な人に届ける新しいワークスタイルをご提案「エリアマイスター」